借金が全部なくなるのが自己破産制度とな

借金が全部なくなるのが自己破産制度となります。



借金で悩んでいる方には有難い助けですよね。ただし、メリットだけではございません。無論、デメリットもあります。


家や車などの財産は全部放棄してしまわなければなりません。

また、約十年間はブラックリストに載る為、新しい借金はできなくなります。
というと、利用することができなくなってしまいます。


債務整理をした場合には、数年間が経過するまでは、お金をどうやっても借りられなくなって、当分の間、待ってください。借金がだんだん増えてしまった場合に、お金が返せない人は、弁護士を通して債権者と一緒に話して返済額の調整をすることになります。こうして任意整理が行われますが、任意整理の際に、銀行預金が、凍結されることがあります。
銀行口座にお金がまだ残っている場合は債権者に持って行かれてしまうので、任意整理となる前に引き出しておきましょう。

私は借金をしたために差し押さえされそうなので財務整理を決意しました。債務の整理をする場合、借金が大幅に減りますし、差し押さえを回避出来る事になるからです。



家の近くにある弁護士事務所のほうで話を聞いてもらいました。


親身になって相談させてもらいました。債務整理というものをやったことは、仕事場に内密にしておきたいものです。仕事場に連絡されることはございませんので、気づかれないでいることはできます。ただし、官報に掲載されてしまうケースもあると思いますので、見ている人間がいる場合、知られるかもしれません。

債務整理するとなると、弁護士と相談しなければならない事項が多々あります。

弁護士の選定の方法としては、話しやすい弁護士を選定すべきでしょう。



相談会などで相談しやすい弁護士を探すのもよいですし、周りの人の口コミなどを聞いて参考にする方法もあります。任意整理をした後に、いくらお金を使う理由があるからといって、消費者金融などで借金を申し込んだとしても、審査を受ける段階でNGが出されます。信用情報機関のブラックリストに載ってしまったら、登録が削除されるまでには5~10年の月日が必要であるため、その後になればキャッシングが可能です。

借金を返すあてがない場合、司法書士や弁護士に助けを求め、裁判所や弁護士によって債務をなくしてもらったり、軽減してもらう自己破産や任意整理といった措置をしてもらいます。任意整理という処置でも、自宅などを所有しながら借金を返済する個人再生という措置があります。借金の合計額が減りますが、自己所有の住宅のローンなどは残りますので、注意がいります。私は個人再生としたおかげで、月々の家のローンの支払いが相当楽になりました。


以前は、毎回返していくのが辛かったのですが、個人再生によって債務が軽くなったのではるかに返済金額が少なくなり、生活が楽になりました。遠慮せず弁護士に相談してみて良かったと嬉しく思います。


最近、債務整理のうち自己破産という選択肢をとり、無事に処理が完了しました。



毎日思っていた返済できない、さらに遅くなったらどうなるんだという不安から自由の身となることができ、心が本当に軽くなりました。

これなら、もっとずっと前から債務整理をすればよかったです。